「現場力」を一緒に高めましょう!

代表の根城 祐介です。

現在様々なセミナーがこの健康事業業界で行われておりますが、どのようなセミナーで勉強すべきでしょうか。

答えは簡単です。

現場で使うことができ、クライアント・患者の主訴を解決出来るモノです。

それを可能とするのは当てはめるだけのメソッドではなく、
「根本から改善へと導くことが出来る理論」であると私は考えています。

2017年度フィットネス産業の収入合計は約4500億円を超えると言われております。

このような莫大な金額が動いている業界にも関わらず、ちゃんと専門家に体を見てもらっている人は、全体で7%に満たないのが現状です。

毎年、ジム・治療院などは増えているのにも
関わらず、
トレーニング・治療を受ける人の数は変わっておりません。

この厳しい健康事業業界で生き残り
結果を出すためには、
教科書だけの知識ではなく現場で発揮出来るチカラが必要です。

アメリカ・日本でのトレーナー経験から必要な技術・知識を凝縮したのがこのActive-Aid Programです。
 


このプログラムを通じて皆さんで現場力を
高め、この業界のロールモデルとなれるように一緒に高め合っていきましょう!

 

​​代表挨拶